山で地震にあった時の防災対策

登山中に地震にあった場合、登山者がするべき防災対策はどのようなものでしょうか。
山道で地震にあった場合、揺れによってバランスを崩し崖下へ滑落しないよう、すぐに姿勢を低くして揺れがおさまるのを待ちます。
また、揺れがおさまったからといって安心はできません。
揺れの直後は、斜面に沿って落石などが発生する危険性があります。
防災対策として、避難する際には斜面側に体を向け、落石によく注意しながら移動するようにしましょう。
岩場の多い山では特に注意が必要です。
また、山で地震にあった時最も恐ろしいのは雪崩や土砂災害です。
雪崩や土砂災害に生身であってしまったら、ほとんどの場合助かる見込みはありません。
ただし雪崩や土砂災害が発生する前兆として、山奥の方から雷のような、地響きの音が聞こえます。
この音が聞こえた時もし渓谷などにいる場合は、大量の土砂が川を下って押し寄せる危険性が高いため、すぐに避難するようにしましょう。
ただし、川に沿って下流に逃げるのは大変危険です。
土砂の時速は数十キロともいわれますので、下流に逃げてもすぐに追いつかれてしまいます。
川を背にし、なるべく川に対して垂直な方向へ避難するのがよいでしょう。
登山時はこのような突発的な自然災害で遭難することもありますので、普段から山へ行く際には非常食や懐中電灯、防寒具などの防災対策用グッズを用意し、万全の準備をして行くことが大切です。
山の危険性をよく理解し、危機感を持って行くことが大切な防災対策と言えます。