津波の恐怖

過去にスマトラ沖地震で起こった津波被害のニュースによって、津波の恐ろしさを痛感した人も多いでしょう。
普段津波を身近な災害としてとらえていない人も、津波の恐怖を再確認し、防災対策を考える必要があります。
もし住んでいる場所から変える場合、注意したいのは海抜です。
海から距離があっても、海抜が低い場合は津波による水が流れ込み、洪水を引き起こす危険があります。
また、海でのレジャーの際にも防犯対策は必要です。
海水浴やサーフィンなど、海のレジャーはたくさんあります。
海に出かける際には必ず津波情報を確認し、警報や注意報が出ている場合には出かけないようにしましょう。
天気などを見て、自分で「大丈夫」と判断することはとても危険です。
また、出かけた時には大丈夫でも、海上の天気はいつ変わるかわかりません。
気象情報を確認するためのラジオなどを持参し、海にいる間は注意して聞くように心がけることも大切な防災対策です。
また、注意したいのが防波堤などでの釣りです。
防波堤で津波に襲われた場合、直にコンクリートへ叩きつけられるなど大変に危険です。
釣りの場合もラジオなどで海の状況を逐一確認し、危険だと感じた場合にはすぐに避難するなどの防犯対策をとりましょう。
もしも津波が起こってしまった場合、こうすれば逃げられるという確実な方法はありません。
まずは津波に合わないよう気象情報をこまめに確認することが第一の防災対策であり、もしあってしまった場合には津波が海岸に到達する前にできるだけ高いところへ避難するようにしましょう。