台風の恐怖

日本では季節によって、大型の台風が連続して起こることもよくあります。
運よく台風の進路が逸れ上陸しなければよいですが、万が一上陸してしまった場合大きな被害を残すことも珍しくありません。
台風被害の恐怖と、それに対する防災対策について考えてみましょう。
台風は陸上で突然発生することはまずありません。
また最近では台風の進路についてもかなり正確に計測できるようになったため、まずは気象情報をまめにチェックし台風接近の危険がないかをよく確認します。
もし台風が上陸し、家に接近することが分かった場合は事前の防災対策が必要になります。
大型の台風の場合、その風速は秒速50メートルを超えることもあります。
この暴風により、屋根がはがれたり木が倒れたり、ひどい時には家屋そのものが倒壊したりすることもあります。
もし修理の必要な手すりなどがある場合は、早めに直してしまいましょう。
また、海沿いや川沿いでは津波や河川の氾濫による洪水にも注意が必要です。
予め土嚢などを用意しておきましょう。
もし上陸し接近してしまったとしても、行うべき防災対策はまだあります。
山の麓では大雨による土砂災害に注意が必要です。
土砂崩れの場合は防ぎようがないため、ラジオなどで雨の状況をよく確認し、いざという時にはすぐに避難できるように防災対策をしておきましょう。
ただし、土砂や津波、洪水以外で台風の中を外に出るのは非常に危険です。
過去には高波を目的にサーフィンをしていて、そのまま行方不明になったケースもあります。
台風の際にはむやみに外へ出たりせず、家の中で過ぎるのを待つのが得策と言えるでしょう。