室内で地震にあった時の防災対策

狭い室内で地震に合った時は、コンクリートやガラスの落下が少ない代わりに、家具の転倒や火災の危険が大いにあります。
家具の転倒防止などは事前に行う防災対策ですが、被災した時もその行動によって被害を最小に抑えることができます。
室内で地震に合った時の防災対策を、確認しておきましょう。
まず地震が発生したら火のもとの確認や出口の確保以前に、自分自身の身の安全を確保することが第一です。
立てないほどの揺れの中で無理に動けば、家具や壁に体をぶつけてより怪我の危険が高まります。
ただし、動ける程度の揺れであったり、出口や火のもとのすぐ近くにいたりする場合はなるべく火を止め、出入り口を開けておくようにします。
大きな揺れがいつまでも収まらない場合は、揺れの中での避難も考えなくてはなりません。
クッションや本で頭部を守りながら、ゆっくりと出入り口を目指しましょう。
またトイレや浴室で地震に合った場合は、すぐに出入り口の確保をしましょう。
トイレや浴室は壁で囲まれた狭いスペースなので、地震時には比較的安全と言えるでしょう。
しかし、周りに身を守るものがないため、窓や鏡が割れて散乱した場合は怪我をしないよう注意が必要です。
また浴室で閉じ込められてしまった場合、長時間服を着ることもできず体が冷えて衰弱する危険性があります。
避難口の確保は第一に行いましょう。
このように、室内で地震に合った時は、被災後にも様々な防災対策によってより安全に避難することができます。
日頃から被災時の防災対策について、家族や近隣の住人とよく確認しあうように心がけましょう。