オフィスビルで地震にあった時の防災対策

一口にオフィスビルと言っても、その高さや築年数は様々です。
ビルの特性に応じて、するべき防災対策は変わってきますので注意が必要です。
比較的新しいビルの場合、ビル自体が耐震化されていて倒壊の危険性が少ないため、地震が発生してもすぐに避難したりせずまずは机の下など身の安全を守れる場所に隠れましょう。
普段から戸棚やコピー機の転倒防止など、しっかりと防災対策を行い揺れが落ち着くのを待ちます。
高層階の場合は下層よりも揺れが大きいためパニックに陥りやすいですが、慌てず落ち着いて行動するようお互いに声を掛け合いましょう。
また、全面ガラス張りになったビルでは、ガラスの散乱にも注意が必要です。
すぐに窓から離れ、机の脚などにしっかりとつかまりましょう。
体ごと外へ投げ出される危険もあります。
揺れがおさまったら、どんなに高層でもエレベーターは使用せず階段で避難します。
走ったり押したりせずゆっくりと避難しましょう。
また火災などで煙が充満した場合は体を低くし、なるべく煙を吸わないよう衣類やハンカチでしっかりと口を押さえます。
一方、古く、耐震化されていないビルの場合の防災対策は大きく異なります。
地震発生時には素早くビルから避難し、落下物に注意しながら広い場所へと移動しましょう。
この時も慌てて走ったり押しあったりしないよう、お互いに協力して避難するよう心がけましょう。
普段オフィスビルで過ごすことの多い人は、家の中だけではなく職場の防災対策もしっかりと行い、いざという時のために備えておきたいものです。