街中で地震に合った時の防災対策

地震はいつどこで発生するかわかりません。
屋内の防災対策は様々に行えますが、もし街中を歩いている時や買い物をしている時に地震にあったらどのような行動をとればよいのでしょうか。
街中で地震に合った時の防災対策もよく確認しておきましょう。
もし外を歩いている時に地震に合った場合は、ガラス片やコンクリートが降ってくる可能性があるためすぐに建物から離れましょう。
公園や広場など、なるべく広いスペースのある場所が安全です。
ただし、焦って道路に飛び出したりする行動は大変危険ですので注意が必要です。
地震時には車もコントロールを失って、暴走する危険性があるためです。
また、もし建物から離れられない場所にいる場合は無理に離れようとせず、落下物から身を守れる場所に避難しましょう。
コンビニエンスストアやスーパーなど、建物内で地震に合った場合は、高い陳列棚や瓶などの商品が並んだ場所からはなるべく素早く離れるようにします。
商品の落下や、陳列棚それ自体が将棋倒しになる危険性があります。
外へ避難するには通常の出入り口だけではなく、状況に応じてもっとも近い非常口を目指します。
緑の非常灯に従って、鞄や上着を丸めた物などで頭や首を守りながら進みましょう。
スーパーなどの場合、店内の客が一斉に非常口へ押し掛ける可能性があります。
走ったり押しあったりせず、全員が安全に避難できるよう互いに協力することが大切です。
状況に合わせて、とるべき行動を普段から意識し防災対策を講じておくことが、安全への第一歩と言えるでしょう。