車で地震にあった時の防災対策

車で大きな地震にあった場合、どのような防災対策があるでしょうか。
第一に、急ブレーキをかけないよう注意しましょう。
走行中の急ブレーキは玉突き事故の原因となり、より被害を拡大させてしまう危険があります。
防災対策として、まずはゆっくりとブレーキをかけ道路の左側に停車します。
揺れがおさまるまで待って、もし車を動かせられるようなら近くの駐車場や空き地など、広いスペースへ移動させましょう。
次に避難をする際には、車を使用せず徒歩で移動します。
キーはつけたまま自分の連絡先をメモで残しておき、貴重品と車検証だけを持って避難します。
このような時のために、普段の防災対策として車のトランクなどに非常食やラジオを入れた防災袋を入れておくと良いでしょう。
では、高速道路で地震にあった場合はどのようにすればよいでしょうか。
地震発生時の対応は、基本的に一般道と同じです。
高速道路では大事故につながってしまうため、特に急ブレーキに注意し、道路の左側に車を停止します。
地震発生時、高速道路は通行止めとなるため、まずは車を停止した状態で待機します。
カーラジオなどで被害の状況を確認し、避難の必要があれば一般道の時と同じようにして徒歩で避難します。
高速道路は一定間隔で非常口や階段、また非常時の施設の案内板があるため、それに沿って避難します。
高速道路では長時間待機することもあるため、防災袋と一緒に毛布などを常備しておくことも有効な防災対策となります。