土砂災害の恐怖

近年集中豪雨の多発によりよくニュースでも取り上げられるようになった土砂災害ですが、集中的な雨が降らなくても地滑りなどの被害が起こる可能性は大いにあります。
土砂災害に対し、自分たちのできる防災対策にはどのようなものがあるでしょうか。
第一に自分の居住区域で、土砂災害に巻き込まれる危険がどの程度あるかを把握することです。
同じ山の麓でも、山の地質によって土砂災害のリスクは大きく変わってきます。
住んでいる都道府県などに確認し、土砂災害の危険がある場合には防災袋を用意するなどの防災対策が必要になります。
急激な大雨の場合は、土砂崩れや土石流を引き起こす危険性が大きいでしょう。
特に傾斜がある山では土砂が一気に膨れ上がり、急流となって押し寄せたりもします。
土砂に巻き込まれた場合逃げ出すのは非常に困難ですので、危険を感じたり避難勧告が出たりした場合にはすぐに避難しましょう。
避難勧告が出ていないからと言って、大丈夫だとは限りません。
常に危機管理を意識して行動することが、最大の防災対策と言えるでしょう。
一方、長雨や雪解け水などにより緩やかな斜面でも発生するのが地滑りです。
地滑りは土砂崩れや土石流に比べて比較的ゆっくりと進み、またその前兆にも様々なものがあります。
たとえば、地下水の変化などによる隆起や陥没です。
これらの現象が起きた場合には地滑りを疑い、すぐに避難するようにしましょう。
土砂災害は住んでいる区域によってリスクを測れるため、地震などに比べ予測しやすい災害でもあります。
日頃から防災対策をしっかりと行い、自分や家族の命を守れるようにしましょう。