電車で地震にあった時の防災対策

電車や地下鉄に乗っている時には、どのような防災対策があるでしょうか。
一般的な電車の場合防災対策としては各所に震度計が設定されており、一定以上の揺れが計測された場合には電車を停止するためのシステムが整備されています。
その為、地震による脱線の危険性はまだ低いと言えます。
もし電車で地震にあった場合は急ブレーキに備えて吊革につかまり、姿勢を低く保ちます。
また窓ガラスなどで怪我をしないよう、窓や扉からなるべく離れるようにしましょう。
もし重たい物が乗っていた場合、落下による怪我をしないよう手荷物で頭を守るようにしましょう。
また、揺れがおさまってもむやみに車外へ飛び出してはいけません。
電車から地上までは一般の人が思っている以上の高さがあり、また反対車線に電車が来ないとも限らないため、慌てて飛び出したりすると大変危険です。
乗務員の指示に従い、一人一人確実に避難するように心がけましょう。
また車内で火災が起きた場合は常備された消火器で消火を行います。
同時に乗務員へ火災を知らせ、いざという時にはすぐに車外へ避難できるようにしておきます。
また地下鉄で地震にあった時の防災対策も、基本的には電車と同じです。
慌てて外に出たりせず、乗務員の指示に従って線路沿いにゆっくり避難しましょう。
地下鉄の場合倒壊などの被害には比較的強く危険も少ないですが、明りが少ない分不安を感じやすいためパニックを起こす可能性は高いでしょう。
いざという時に慌てたりパニックになったりしないよう、普段から防災対策をしっかりと確認しておくことが必要です。