30代の転職 転職エージェント

転職エージェント

30代の転職に向いている転職エージェントは?

30代は最も多くの人が「転職」を考える時期です。

新卒入社から、それなりのキャリアを積み上げた上で、将来を改めて考える事の多い年齢層です。さらに男女共に、結婚、親の介護等によるUターン転職など、ライフステージの変化も多い時期なので、転職「せざるを得ない」状況が多い年齢です。

 

比較!30代の転職に向いている転職エージェント

[30代向け]転職エージェント比較 リクルートエージェント

・非公開求人が多く、好条件の転職が出来る
・キャリアアドバイザーが強みを発見、アピールしてくれる
・過去の実績が豊富で求人数も多い

 

30代の転職では、まず年収アップ、待遇改善、そして安定した将来性のある企業へ、今後のキャリアアップ、と、希望条件が多いのが特徴です。多くの条件や希望にマッチした企業を紹介してもらうには、やはりまず「求人数を多く持っている」転職エージェントが向いています。 そして、それらの条件を的確に把握し、マッチした企業を紹介してくれるキャリアコンサルタントの力が重要になります。

 

リクルートエージェントのコンサルタントは、本人も気づいていない「強み」「経歴からのアピールポイント」「他業種や職種との適性」を見つけて、指摘してくれます。30代のうちなら、キャリアチェンジも充分間に合います。また、これまでの経歴をいかにアピールして、より良い条件で転職出来るか、も大切ですが、これもキャリアコンサルタントの協力によって現実化します。

 

[30代向け]転職エージェント比較 マイナビエージェント

・業界別専任制の担当者がつく
・20代〜30代層が多く利用
・キャリアチェンジ、スキルアップの転職に強い

 

転職エージェントを比較する時に、それぞれの「強み」を見る事がポイントになります。専門職に強い所もあれば、スピーディーな対応や、大手企業の求人数が多いといった、個々の強さがあります。

比較してみると、マイナビエージェントは、まず「業界別に専任の担当者がつく」という点が、30代にとっては大きなメリットとして挙げられます。20代とは違い、自分の個性、専門的分野での自己アピール面を、それまでの経歴と実績で売り込めるのが30代の良さです。

 

マイナビエージェントは、例えば営業なら営業の、ITエンジニア、設計職、それぞれの職種に合わせて、業界に精通したコンサルタントがついてくれます。業界の専門コンサルタントがつきますから、細かい要望についても即座に理解し、対応してもらえます。

30代の転職は、今度の将来を決める重要な時期です。転職は、率直に言って、一部の業界(例えば、外資系など)は別として、あまり転職の回数が多いと、なかなかうまくいきません。できれば、人生設計をきちんと考えた上で、最小限の転職で、しかし、最大限のメリットを受けられる転職をするのが大切です。

 

マイナビエージェントの専任制の担当者は、それぞれの業界の動向に応じて、一番好条件の転職が出来るようにサポートしてくれます。30代という、いわば、「経歴もある程度あるが、これからの将来性も重要」という難しいポイントで、その立場を充分に理解した上で、ベストの転職が出来るようフォローしてくれるのがお勧めできる理由です。

 

【30代の転職[メリットとデメリット]】

30代で転職するメリット

・基本的なビジネスのマナー、社会人としての常識が身に付いている
・10年近い実務経験や経歴があり、即戦力としてアピール出来る
・40代や50代よりも、フレキシブルで新しい職場に対応しやすい
・新しい会社になじみやすい、転職の多い年齢層である

 

30代の転職のデメリット

・未経験で新しいジャンルへのキャリアチェンジは20代と比較すると難しい
・即戦力の実力次第なので、キャリアの実績がないと厳しい部分がある
・結婚、家族構成などによって、転職に関する条件が多くなりがち


Menu