外資系求人に強い転職エージェントを比較

転職エージェント

外資系求人に強い転職エージェントを比較

【外資系求人・外資系の転職を成功させるポイント3つ】

外資系の企業への転職で、「成功させるポイントはココ!」というのを紹介します。
一般企業とも違う面があるので、外資系ならではの特徴を掴んで、転職を成功させましょう。

《外資系転職・成功ポイント1》

『ひとりでは限界がある転職活動をサポートしてもらう』
外資系だけに限りませんが、転職活動をひとりで行うと、転職サイトや情報誌に掲載されている情報のみを頼りに企業を決める事になります。転職エージェントを利用すれば、企業の内部情報や職場の雰囲気がわかり、自分の条件に合った求人を探してもらえます。年収アップ等の交渉も全て行ってもらえます。なかなか情報がわからない、外資系企業だからこそ、転職エージェントの力を利用するべきです。

《外資系転職・成功ポイント2》

『外資系企業の求人を多く持つ転職エージェントを利用する』
転職エージェントにも、それぞれ特色があります。全業種を網羅して求人数が多い所もあれば、ITに強い、クリエイティブ関係に強いといった所もあります。外資系、グローバル企業に強い転職エージェントを利用するのが、外資系の転職では最も大切なポイントになります。

→外資系転職に強い転職エージェント「JAC」について

《外資系転職・成功ポイント3》

『アピール力とキャリアプランが大切』
外資系の転職では、遠慮や、日本的な謙遜は不要です。これまでのキャリアはもちろん、人柄やコミュニケーション能力など、アピールできる所はすべて強力にプッシュして、より良い条件で転職するのが大切です。また、ヘッドハンティングや転職が一般的な外資系企業では、自分の将来を見据えたキャリアプランをたてて、転職をチャンスに変えていくのもポイントです。

【外資系転職なら「JAC」がオススメ】

転職エージェントの中では、まずお勧めなのが「JAC」です。特に外資系企業に強く、
・外資系企業の登録が多い
・海外拠点のあるグローバル企業
・日本に支社、拠点のある海外企業
・海外進出に力を入れている企業
こうした求人数は、他社と比較しても非常に多くなっています。

その内の7割が「非公開求人」です。外資系企業では、人材も「どういう人材を欲しているか」を公開してしまうと、「どのような方向の業務、開発をしているか」が他の会社に分かってしまう事を懸念する傾向が強いようです。そこで、求人自体を非公開にして、JACのような転職エージェントに依頼、ピッタリの人材を紹介してもらい、採用する方法をとります。

つまり、外資系で好条件の転職をしたいのなら、非公開求人を得られる転職エージェントへの登録が欠かせないという事になります。

▼JACのコンサルタントは採用企業・転職希望両方を担当

転職エージェントでは、企業側の営業と、転職希望者との担当を別々にしている所も多いようです。JACは、登録者と求人企業をひとりのコンサルタントが両方を担当する事で、企業と人材のマッチングの精度が高くなっています。

外資系企業やグローバル企業では、年収アップだけでなく、キャリアを見据えた転職希望が多くなります。だからこそ、担当者が企業と人材の間に入って、双方の希望や条件をすりあわせし、マッチングさせていくJACのような転職エージェントがお勧めです。

▼外資系の全職種を対象としている

ITなどに限定した外資系に強い転職エージェントもありますが、JACはマネジメントから専門職、一般事務職に至るまで、さまざまな職種、業種、業務内容の求人を持っています。特定の専門分野に限定しないので、

「英語力を活かして、外資系企業に働いてみたい」
「資格などはないが、海外で仕事をしたい」
「様々な国籍の人が働く企業でグローバル社会を体感しながら、働きたい」

こうした、漠然としている「外資系への転職」にも、きちんと対応してもらえます。


Menu