ハローワークと転職エージェントを比較!

転職エージェント

ハローワークと転職エージェントを比較!どちらを活用すべき?

ズバリ、結論から言うと
「転職エージェントを利用した方が、希望通りの転職ができる」
と思います。あるいは、ハローワークと併用しつつ、幅広く転職活動をしてみるのも良いでしょう。

【徹底比較「ハローワーク」「転職エージェント」の違い】

▼ハローワークのメリットとデメリット

◎ハローワークのメリット

『企業側の負担がない為、ハローワークにしかない求人がある』

転職エージェントは、転職希望側の人には利用は無料です。それは採用する企業が、手数料を負担しているからです。いっぽう、ハローワークは厚生労働省の管轄で、登録する企業も転職希望者も利用料金はかかりません。つまり、企業側は一切「採用のためにお金がかからない」ので、企業によっては採用コストカットのために、ハローワークのみで転職希望者を受け付けている場合があります。

『採用されやすいと言われている』

つまり、企業側もお金がかからないので「とりあえず、雇用して働いてみてもらうか」と気軽に採用をとる傾向があります。比較的、採用が決まりやすいというメリットはあります。

『地方で強い』

特に大都市圏以外、ローカルな狭いエリアでは、転職エージェントよりもハローワークの方が多くの求人を持っている事があるようです。

×ハローワークのデメリット

『企業の安定性に疑いがある求人先もあるので要注意』

大手企業や、有能な人材を探している成長企業では、「お金をかけてでも、良い人材が欲しい」と思い、転職エージェントを利用しています。逆に言えば、ハローワークでは一部ではありますが、「正直、採用にそれほどお金をかける余裕はない」こうした会社が登録しているのも事実です。

『会社や求人のクオリティに落差が激しい』

優良な企業もあるが、転職エージェントのように企業との取引の上で求人を掲載しているわけではないので、玉石混合というのが現実です。

『希望条件とのマッチングを自分で判断しなくてはならない』

ハローワークにも熱心な職員さんがいてサポートはしてくれますが、やはり利益に結びついて求人を紹介する転職エージェントほどのサポートは期待できないようです。また、企業の内部情報や、職場の雰囲気といった細かい、しかし最も知りたい情報は転職エージェントの方が強いでしょう。

▼転職エージェントのメリットとデメリット

◎転職エージェントのメリット

『条件に合った企業を迅速に紹介してもらえる』

担当者がついて、希望や条件をヒアリングした後に、マッチした求人を素早く紹介してもらえます。膨大な求人の中から、それを探す手間が省け、なおかつ詳細な企業情報を元にマッチングしてくれるので、希望通りの転職ができる可能性が高いと言えます。

『好条件の求人が多い』

非公開求人は、転職エージェントの特徴であり、最大のメリットのひとつと言えます。主に大企業や、高年収で待遇の良い希少な求人などが非公開で転職エージェントに委託されています。採用側としては「優良な人材を絞り込んで募集できる」メリットを活かします。ハローワークではなかなか見つからない、年収の高い、条件の良い求人が転職エージェントにはたくさんあります。

『面接なども全面的にサポートしてもらえる』

担当者がついて、書類選考から面接対策、退職の手続きについての相談まで、すべてサポートしてくれます。一口に「転職活動」といっても、求人を見つけるだけで終わりではありません。その企業が本当に思った通りの会社なのか、業務内容は、職場環境は、といった細かい点までリサーチして、教えてくれます。

×転職エージェントのデメリット

『転職エージェントによっての違いが大きい』

要するに「転職エージェントを選ぶ」のに失敗すると、求人をまともに紹介してもらえなかったり、希望に全くあっていない企業を紹介される事もあるようです。

・リクルートエージェント
・マイナビエージェント

こういった大手の転職エージェントは、抱える求人数も多く、好条件の非公開求人もたくさんあります。転職エージェントを選び間違えると、転職活動そのものが失敗する可能性があるので、きちんとした転職エージェント選びをする事がポイントです。


Menu