地下で地震にあった時の防災対策

地下街や地下鉄など、地下にいる時に地震にあうことも珍しくないでしょう。
地上と違いより密閉された空間では、パニックに陥りやすい可能性も大いにあります。
日本では、耐震構造になっている地下街が多く、また消火器や火災報知機などの設備も整えられています。
万が一火が出た場合の防火シャッターを設置するなど、地下街の防災対策は充実しているため、その危険性は比較的低いと言えます。
しかし中には通路が狭く、十分な防災対策をできていない場所もあるでしょう。
地下から安全に避難するためにも、地下街で地震にあった時の防災対策をしっかり確認することが大切です。
もし地下街で地震にあったら、まずは周囲のお店のガラスや看板で怪我をしないようすぐに離れ、広いスペースへ移動します。
この時、手荷物で頭や首を守りながら移動しましょう。
また、地震時は一度に多くの人が地上を目指そうと、出口や非常口へ殺到する危険があります。
地上へあがる階段で将棋倒しになったりすれば、押しつぶされて最悪の場合に死にいたることもあるでしょう。
避難時は慌てず、手近でなるべく人の少ない非常口を目指しましょう。
火災などで煙が充満し周囲が見えなくなった場合も、焦らずに行動する必要があります。
煙を吸わないよう低い姿勢をとり、ハンカチなどで口を押さえながら非常灯を頼りに壁を伝って出口を目指します。
視界が悪くなると急激にパニックになることもありますが、慌てず周囲の人と声を掛け合いながら協力して避難するようにしましょう。