地域の防災対策

被災時は個人で行動するよりも周囲の人と助け合い、ともに行動する方が被害を最小に抑えることができます。
いざという時のために、地域の防災対策について近隣住人と確認するようにしましょう。
防災対策は大きなくくりでは国や都道府県によって定められていますが、より具体的な対策については地域の自治体などで定められていることがほとんどです。
災害のリスクは居住環境によって大きく影響されるため、自治体で決められた防災対策も地域によって様々に変わります。
最近では、地域住人による自主的な防災組織作りも多く聞かれます。
過去の大災害では、建物の倒壊などで救急車や消防車がすぐに到着できなかった時、近隣住民による救助活動が大いに役立った例もあります。
しかし普段から防災組織を組んでいなければ、被災してすぐに行動することは難しいでしょう。
そのような防災組織では定期的に話し合いの場を持ち、被災時の行動について意識合わせを行います。
また町内での避難訓練を実施したり、実際に消火器の使い方をレクチャーしたりして、住民に防災の意識を根付かせることも重要な役割です。
また非常食や救急道具を備蓄し、被災時には避難所での救護活動や炊き出しを行います。
防災組織を作るためには、近隣住民への呼びかけとともに市区町村や消防署へも協力のお願いするとよいでしょう。
住民だけでは解決できない問題も、市区町村と連携して行えばより安全な防災対策をすることができます。
自分たちの身を守るためにも、普段から意識して防災対策に取り組みましょう。