防災対策七つ道具

被災時にはたくさんの荷物を持って避難することは危険です。
しかし、いざという時に何を持って出ればよいのか焦ってしまい、パニックになってしまってはかえって大変です。
防災対策として事前に用意しておきたい、避難の七つ道具をご紹介します。
一つ目は飲料水です。
地震や土砂災害では、断水してしまう危険が大いにあります。
水は必要不可欠なものと言えるでしょう。
二つ目が非常食です。
非常食は日持ちのする缶詰や乾パンを選び、家族構成に応じて量を調節します。
三つ目は情報をいち早く得るためのラジオです。
電池式の場合、肝心の電池が無くなってしまうと防災対策にならないため、手動で発電できるものを選ぶとよいでしょう。
四つ目は懐中電灯です。
停電の時だけでなく、避難途中で建物や瓦礫に閉じ込められてしまった時のシグナルライトとしても利用できます。
五つ目は救急用具です。
災害が起きた時や避難時に怪我を負った時のために、防災対策として予め準備しておきます。
六つ目は簡易トイレです。
被災時にはトイレの処理がもっとも困ると言われています。
水がなくても使用できる、簡易トイレは必須です。
そして最後が防寒具です。
避難時には上着を着る間もありません。
また、たとえ避難所へたどり着けたとしても十分な暖房がされているとは限りません。
防寒具も大切な避難道具といえるでしょう。
これらの道具に加え、最近では様々な防災用具が発売されています。
防災対策として、必要な道具を事前に用意し大災害に備えましょう。