防災対策の心得

自然災害や大規模な火事などが発生した時には、とっさの行動がとても重要になります。
被災時に慌てないためには、普段から防災対策を行う必要があります。
すぐに行える防災対策としては、地震対策のための家具の固定や防災袋の準備、防災マップの作製などです。
しかし、いくら多くのものを用意していても、現実に被災した時に冷静な対応ができなければ大きな被害につながる可能性もあります。
そこで、被災時に慌てないための心得をご紹介します。
まず、事前の防災対策では家族や近隣の人々と定期的に話し合いの場を持ち、いざという時の行動について意識を合わせておくことが重要です。
災害はいつどこで起こるかわかりません。
そのため、家族がばらばらの状態で連絡がとれなくなることも決して珍しいことではありません。
事前に被災した時の避難場所や緊急連絡先を確認しあいましょう。
また、被災した時には正しい情報を得ることが必要不可欠です。
区や自治体、自主防災組織と連携し、情報の開示方法や問い合わせ先を把握しておくことも大切です。
次に、被災した時の心得です。
地震や火事で避難する際には、荷物をできるだけ最小限に抑えることが大切です。
また、避難時は決して一人で行動せず周囲の人々と一緒に避難します。
もし高齢者や子供、けが人がいる場合は手をとり進んで手助けをします。
被災時には、助け合いの心を持って行動するようにしましょう。
事前の防災対策はとても重要です。
いつ起こるか分からない災害のために、普段から防災対策を行い、いざという時に備えましょう。