防災対策の基本

私たちは日々、地震や台風など様々な災害の危機に瀕しています。
それらの災害から自分や家族の命と財産を守るために、日頃から防災対策をしておくことが重要です。
防災対策をするにあたって、具体的にどのようなことをすればよいのでしょうか。
基本的な防災対策の一つが「防災袋」です。
防災袋とは、いざという時のために懐中電灯や電池式のラジオ、水、包帯、非常食などを入れておく袋のことです。
これ一つあれば地震や台風、土砂災害など、様々な自然災害の時に役立てることができます。
水や非常食は、家族全員分で最低でも三日分は用意しておきたいところです。
防災袋は普段物入れなどにしまっておきますが、被災時にすぐ取り出せるよう家族全員が場所を把握しておくことが大切です。
次にしておきたいのが地震対策です。
防災対策をするにあたっては、もっともリスクの大きい災害から対策することが基本です。
日本は世界的に見ても有数の地震多発国ですので、家具の固定や災害マップの作製など、地震時の災害対策をしておくことが望ましいでしょう。
また、地震などの自然災害に加え、注意したいのが伝染病や食中毒の流行など一時的な災害です。
一時的な災害は予め予期してそなえることは難しいですが、メディアなどで情報が多く流れるため、起きてからでも対策がしやすいと言えます。
また一時的なものなので、流行期に特に注意して防災対策をすれば災害を回避できる可能性が大きくなります。
防災対策は災害の起きるリスクに合わせ、住んでいる地域や流行に合わせて行うことが基本です。