防災対策とは

いざという時のための防災対策。
防災対策とは具体的にどのようなことを指すのでしょうか。
防災対策とは、災害から本人や家族の命と財産を守るために、予め知識・技能を身につけ、予防することです。
災害とは地震や火事、台風、洪水、土砂災害などの自然災害から、大規模な火事や爆発などの人為的災害、さらには伝染病なども含みます。
日本では災害対策基本法という法律により、防災や災害発生時の国や都道府県、各市町村の取り組みを定めています。
各都道府県のホームページなどで、具体的な内容を確認することもできます。
また災害は都道府県や地域によって大きく異なります。
たとえば海沿いであれば地震の際には津波の危険がありますし、山間部であれば豪雨による土砂災害の危険があります。
そのため、防災対策は地域や自治体で様々に取り決められています。
自分の住んでいる地域ではどのような災害の危険性があり、またそれに対してどのような防災対策を講じているのか。
日頃から意識しておくことが大切でしょう。
防災対策と同義の言葉として、よく「危機管理」や「危機意識」が使われることがあります。
防災をするうえでは、まだ起こっていない未知の災害に対して行うのですから、この危機に対する意識はとても重要です。
そのために国では9月1日を「防災の日」と定め、全国的に防災訓練を行う日としています。
防災は災害時の被害を最小限に食い止めるための対策です。
起こってからでは遅いことを理解し、意識して取り組むことが欠かせないでしょう。